スマートフォンの歴史

今や老若男女当たり前のように触れているスマートフォンの存在。その存在の当たり前さから忘れがちになるのが、どのような歴史を辿って今のような地位を獲得したのかということです。それでは、スマートフォンの歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、始まりになった機種というのがアップルコンピューターが1992年にリリースした「ニュートン・アップル」です。当時はPDAとしての認識がされていましたが、通話機能も兼ね備えていることからこれをスマートフォンの祖として見る人もいます。しかし、一般的にはIBM社の「Simon」がスマートフォンの始まりとして定着しています。スマートフォンという呼び方自体は、1995年に「PhoneWriter Communicator」というデジタルモバイルで使用されています。現在のようなスマートフォンのデザインを確立させたのがiPhoneです。iPhoneは、ハードウェアキーボードやスタイラスを排したことによって生み出した全画面型タッチスクリーンという画期的な形状でリリースをして、現在に至るまでその形を崩されない完成されたフォルムで売り出されました。AndroidはオープンソースのOSという特長を活かして、様々なメーカーが自社製のスマートフォンを開発できるようにし、iPhoneと並ぶ勢力となります。今後は中国や韓国などを中心にした技術革新に注目です。

スマートフォンは、これからの生活においても中心となっていくデジタルデバイスであることは間違いありません。この記事に書かれているスマートフォンについての歴史を振り返ることによって、より理解が深まるかと思います。


==当サイトに関するお役立ち情報サイト==
スマートフォンは続々と新機種が発表されており、iPhoneは新モデルが出るたび購入するという人も少なくありません。長い間使っていると充電持ちが悪くなるなど不具合が出てきますので、新モデルの発売を機に買い替える人も多いです。今のiPhoneをまだ使いたいという人は電池交換をする方法もありますので、ぜひご参考ください ⇒ iPhone 電池交換