現状と今後

iPhoneとAndroidの関係性ですが、ほんの少し前までは特許紛争が頻繁に起こるなど決して良いものではありませんでした。しかし、そのような闘争があったからこそお互いのスマートフォンのレベルが高まっていったのは間違いありません。当時はiPhoneの方がレベルが高いという印象がありましたが、現在ではそれも逆転しつつあります。

そのきっかけとなったのが「トリプルカメラ」や「ディスプレイ指紋認証」など、iPhoneが到達出来なかった革新的な機能を搭載したAndroidスマートフォンの登場です。2018年にリリースされたこれらの機種は御家芸とも言われたiPhoneのカメラ機能のクオリティや使い勝手などを凌駕するものとなりました。結果としてiPhoneもトリプルカメラを採用するに至り、現在もそれを追従しています。

これからのスマートフォンを語る上で欠かせないのが中国と韓国のメーカーの技術革新です。韓国企業のサムスンはスマートフォンの開発スピードにおいては世界一だと言われることもあり、それに中国メーカーも続いている形となっています。しかし、iPhoneのこれまで積み上げてきたブランドイメージやApple製品との連動性においてまだまだ優位性は保たれているため、今後のシェア争いにも注目が集まるのです。